スポンサード リンク

ハタチの恋人の登場人物

ハタチの恋人の登場人物
(役名:出演者名)

井上圭祐(50):明石家さんま
大手食品会社INFの大阪の支社でセクションチーフを務める。大阪の人間らしい明るさとケチさを併せ持ち「いとしのエリー」を聞くと部下達に”俺の恋愛三部作”語りはじめる。東京の大学を卒業した直後のころ付き合っていたエリという女性がいました。妻と子供は愛していけども、まだ彼女の事が忘れられない。


沢田ユリ(20):長澤まさみ
グラフィックデザイナーを目指してデザイン学校に通う専門学生。デザイン会社に内定していたけれど、突然取り消しをされてしまう。仕送りは3万しかしてもらっていないため、バイトをしながら生計を立てている。常に明るく夢に向かって一直線だけれども鈍感で、バイト先で出会った圭祐を作家の森山と勘違いするドジな一面もある。しかし、自分が魅力的であることは熟知している所がある。


河村由紀夫(24):塚本高史
エリと同じ専門学校に通う友人。まだ将来のことを決めておらず、ユリに好きだという事も伝えられない。いつもユリには押されっぱなし。ベストセラー作家である森山リョウのファンである。


鈴木風太(森山リョウ)(53);市村正親
今をときめくベストセラー小説作家。森山リョウの名前で純愛小説を書く。都会派のオシャレな先生を演じてはいるが、家賃を踏み倒し夜逃げした過去を持つ。女の人にはだらしがない。圭祐とは旧友の仲。


ユリの母:小泉今日子
ユリの母親。常に娘の事を心配している。夢に向って走るユリを応援はしているが、男っ気のない所は心配している。まだユリが内定を取り消された事は知らされてはいない。


井上小百合(45):森下愛子
圭祐の妻で圭祐と同じく常にハイテンション。かなりの楽天家で今の生活には満足している。森山リョウの小説をよんで泣いてしまう所など涙もろい一面もある。


井上理沙(15):黒瀬真奈美
井上家の長女。圭祐達とは逆で少し無愛想。テンションの高い圭祐達にはついて行く事ができない。


井上勇介(11):菅沼等士
井上家の長男。圭祐たちに似て明るくそしてハイテンション。鉄道が大好きでほとんど鉄道マニアである。


(ハタチの恋人の出演者一覧)






posted by ハタチの恋人 at 23:07 | ハタチの恋人 登場人物一覧

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。