スポンサード リンク

ハタチの恋人 第6話あらすじ

★ハタチの恋人 第6話あらすじ

就職活動に失敗してしまって泣いているユリ(長澤まさみ)の姿を見ては思わず抱きしめてしまう圭祐(明石家さんま)だった。

雨がそんな時突然と降り出してきたそして嵐のように吹き付ける雨。

すぐ近くにある自分のアパートに雨を避けるためユリは、圭祐を誘うのだった。

一度はユリのアパートに行こうとするのだが戸惑ってしまう圭祐は、結局は風太(市村正親)のいるホテルに帰ってしまう。

そして、風太にユリのアパートの目の前まで行って帰ってきたことを馬鹿にされてしまうのだった。

ソファの上でそのままバスローブ姿のまま寝てしまった圭祐は雨が上がった次の朝に目を覚してみたら、中島(キムラ緑子)がルームメイキングをするため部屋に入っていて目の前に立っていた。

圭祐は昨日の出来事を初めてあった中島に相談するのだ。風太の担当編集者である美樹(蒲生麻由)がさらにその時に部屋にやってくる。中島と美樹から気がついたら圭祐は、昨日のユリとの件で馬鹿にされていた。

週末の東京出張がまたやってきた。プレゼントを前回ユリに渡しそびれた圭祐はそれを持って、大阪からやってきた。

もう2度と集中豪雨が突然来てユリの部屋に誘われるなんてことはないと思うが頑張って会ってこいと風太からはからかわれる。

嵐なんて都合のいいことが、2度も起こるわけないと圭祐も思いながらユリとの待ち合わせ場所に向かおうと外へいくのだ。

と、雷の音が突然!

そして、雨がザーッと降り出してきたのだ。

なにやら関東地方に台風が上陸したようだ。ユリがビショ濡れで待ち合わせ場所に走ってくる。

圭祐はユリに促されアパートに入ることになり、2人でベッドに腰をかけた瞬間、停電になるのだ!相変わらず窓の外はの暴風雨だ。雨がガラスを叩きつける音の中、アロマキャンドルに灯が点されている。

すごくムーディな状況の中、一生に一度にしかないチャンスと言う言葉が圭介の頭によぎる。

そして二人は・・・・。
posted by ハタチの恋人 at 19:19 | ハタチの恋人 あらすじ一覧

ハタチの恋人 第5話あらすじ

★第5話あらすじ

東京での出張先のホテルに急に現れた小百合(森下愛子)の前で、圭祐(明石家さんま)は突然具合が悪くなってしまい救急車によって病院に運ばれることになってしまったのだった。そして、盲腸の手術を無事に終えた圭祐は、小百合に付き添われて幸せをかみ締めていた。

そんな中、圭祐が救急車で急患として病院に運ばれたことを知ったユリ(長澤まさみ)は、あわててお見舞いに行くのだった。買出しのため病室から出た小百合とわずかな差で入れ違いで入ってきたユリを見た圭祐は、心臓が止まってしまいそうになる。妻の小百合が戻って来る前にに、ユリをどうにかしなくては!!

小百合が大阪に帰って行き、無事に何事も無く安心した圭祐。そんな圭祐の病室に、ユリは夫婦のように毎日毎日お見舞いにやってくるのだった。ユリのことをホントに心配する由紀夫(塚本高史)は、よりによってあの風太(市村正親)に相談してしまうのだが、風太にとんでもないことを吹き込まれてしまう。

日が変わって、由紀夫は圭祐が入院している病院にやってくる。圭祐の病室には、さきにユリがお見舞いにきていた。もう少しで退院する圭祐は、全快した時のお祝いに美味しいものを食べに行かないかと言いユリと約束をするのだった。そんな圭祐の病室に入ろうとする由紀夫を、スーツを着た男がとめた。その男はいつも、東京の会議の席で隣になるINF東京の社員(福井博章)だ。ユリのことを圭祐の彼女だと完全に誤解してしまっているその男に、由紀夫は圭祐のことを尋ねるのだった。そこで、由紀夫はユリにそのことで忠告をするのだが。
posted by ハタチの恋人 at 13:27 | ハタチの恋人 あらすじ一覧

ハタチの恋人 第4話あらすじ

★ハタチの恋人 第4話あらすじ

井上圭祐(明石家さんま)は、自分が森山リュウ(市村正親)と勘違いをしてしまっている沢田ユリ(長澤まさみ)に、結局本当の事を言えないで大阪に帰ってしまったのだった。その帰り道の途中で、ユリに心をトキメカセル圭祐は、もう少しこのまま森山リュウのふりをしようと心に決めてしまう。そんな圭祐の大阪での生活は、心ここにあらずの状態であった。そんな中、妻の小百合(森下愛子)は、ユリのことなど露とも知らずに、圭祐はどこか調子が悪くなったのではないのかと心配してしまうのだった。

再びやってきた週末の東京出張。就職活動で受けていた会社の一次試験に合格できたユリは、二次試験でのアドバイスがもらいたくて、圭介を誘い出してしまう。圭祐は、もちろんアドバイスなどできるはずもなく、風太に相談してみると、風太は圭祐の担当編集者として、一緒に会おうと言い出してしまうのだった。

次の日、ホテルのティーラウンジで待つユリのところに、圭祐と風太がやってきた。圭祐は、風太のことを自分の担当編集者だと紹介をする。面接の注意点を一通り風太に説明してもらい、圭祐が席を立とうとした時、二次試験には実技もあるから、実技のアドバイスを自分の部屋で行おうと風太がまたまた余計なことを言いだしてしまうのだった。早速、ユリに課題を出す風太だったのだが、急用を思い出したと部屋を出て、圭祐とユリの二人きりにしようとするのだった。慌ててしまう圭祐が、風太を止めようとしたその時、ドアのベルが鳴る。「へ、へ、来ちゃった」

なんと、ドアの前に圭祐の妻である小百合が立っていた! 慌てふためく圭祐と風太の言うことを聞き、ユリは何が何だか分けもかわらず隠れるのだが…。そして、スィートルームで圭祐と小百合が2人っきりになった時、圭祐の身にある出来事が起きてしまうのだった。
posted by ハタチの恋人 at 14:32 | ハタチの恋人 あらすじ一覧

ハタチの恋人 第3話あらすじ

★ハタチの恋人 第3話あらすじ


大阪から東京への出張で運命的な出会いをした50男のどこにでもいる普通のサラリーマンの圭祐(明石家さんま)と二十歳のユリ(長澤まさみ)。

2人はついにデートをすることになったのだ。

圭祐はユリが圭祐のことを圭祐の旧友・風太で有名作家の森山リュウ(市村正親)と勘違いをしていることにようやく気がつく事になる。

圭祐はホテルに戻って森山リュウこと風太に相談することになるのだが、風太からは森山リュウの振りを続けるように勧められる。

どうしてかと言うと、森山リュウという名前がなかったら圭祐は、ただのく干物のようなくたびれたただのオッサンだからあっさりふられるのがオチだと言う。

スケベ心はなく、心からユリの力になってあげたいという気持ちだった圭祐は、風太の言っている事にはどうしても納得がいかない。

しかし、結論はでないまま地元の大阪へ帰る最終電車の時間になり、ひとまず大阪へと帰る。

その時、風太がなにやら変な事を企んでいることを圭祐はこの時はまだ知らない。

一方、就職先を紹介してもらおうという魂胆で森山リュウに近づいて来たユリは、圭祐の優しさに触れたことにより自己嫌悪に陥ってしまい、
デートしていた中、逃げるように去ったユリ。

地元の大阪で自分が森山リュウじゃないと言うべきか、言わざるべきかを真剣に思い悩む圭祐だったのだが、結論は本当のことを言おうとついに決心する。

そして、圭祐は次の東京出張の時に、ユリと待ち合わせをすることになった。

しかし、ユリを目の前にするとどうしても胸がキュンになってしまって、なかなか本当の事を打ち明けられない。

そして、ユリは森山リュウの作品である「恋桜」を読んで、どれだけ素晴らしい作品で感動したのかを一生懸命に感想を伝える。

その話を聞いている圭祐は、とても微妙な感じがした。どうしてかと言うと「恋桜」のストーリーというのは実は…。


posted by ハタチの恋人 at 07:49 | ハタチの恋人 あらすじ一覧

ハタチの恋人 第2話あらすじ

★ハタチの恋人 第2話あらすじ


圭祐(明石家さんま)は東京に出張する。その宿泊先のホテルで、長い間音信不通だった古い友達のの鈴木風太(市村正親)と偶然再会した。

圭祐は、「森山リュウ」というペンネームで売れっ子流行作家として成功していることを風太から聞かされる。そしてホテルのスィートルームで次の作品を執筆していることを聞く。

風太の部屋に泊まった圭祐は、ルームメイドのアルバイトをしているユリ(長澤まさみ)と運命的な出会いを果たすことになる。

ユリは圭祐の初恋の相手であった沢田エリと瓜二つだった。さらにユリの付けていた名札を読み間違えて、名前まで沢田エリと勘違いをしてしまう。

次の日から圭祐は、夢でもみていたのではないかと仕事に身が入らなくなってしまう。恋の病か?

一方、グラフィックデザイナーになることを夢見ているるユリは、就職先が見つからずに困り果てていた。ユリは、「森山リュウ」が宿泊している部屋にいた圭祐を「森山リュウ」だと勘違いをしてしまう。ユリは森山リュウと知り合いになればどこか良い就職先が見つかるかもしれないと、彼女もまた、勝手に運命的な出会いだと思い込み勘違いをしてしまう。

次の週末になった圭祐の東京出張日。圭祐は、ユリとまた会えるかもしれないと心をドキドキわくわくさせる。

作家であり友達でもある風太の許しをもらって、風太の留守中にスィートルームで寛ぐ圭祐は、思ってもいない展開で早速ユリと再び会うこととなる。そして、ユリからゆっくり二人だけで会って話がしたいと誘いを受ける。

もちろんユリとしては、知り合いになって自分の作品を見てもらい、そして今はアルバイト生活なので就職先を探したい…と考えているのだが、圭祐はそんな事は知る由もない。

幸せで浮かれる圭祐はユリと次の週末の出張の予定にあわせて、一緒に映画を観に行く約束をする。

ついに迎えた念願の約束のデートの日。

圭祐は風太から上質な服を借りてデートへ行き、ユリも勝負服を着て、もちろん手には自分の作品を持って約束の場所に向かう。待ち合わせの場所で待っていた圭祐は、やってきたユリの姿を見て一瞬で一目ぼれしてしまう。

早速約束の映画館へと向かう二人、50の中年の圭祐とハタチの若々しいユリのデートが始まる。しかし、事態は思ってもいない方向にいってしまうことになる!?
posted by ハタチの恋人 at 22:59 | ハタチの恋人 あらすじ一覧

ハタチの恋人 第1話あらすじ

あらすじ


井上圭祐(明石家さんま)は、50歳になり、会社そして私生活ともに人生の先が見え始め、これからの人生、何を生きがいにして行けばよいのかを悩み始めた典型てきな中年サラリーマン。

そんな圭祐は、昔の恋人にそっくりな女性・ユリ(長澤まさみ)と運命の出会いを果たす。

この先ドキドキするようなときめきなど二度とないと思っていた圭祐は、若くて可愛い、さらに、昔の恋人そっくりの女性・ユリに出会って、どんどんと気持ちが若返りしていく。

圭祐の様子は、他の女性たちからと見ると、「男ってバカだねぇ…」、「うちのパパもこんな感じになっちゃうのかしら?」と、楽しみながら見ることのできるキャラクター。

笑いながらも、純粋さを取り戻した50男のかわいさを発見できてしまうはず。

また、いつでも、何事にも常に真剣なユリは、まじめであるがために、不器用なところもあって、目標を持った若い人たちにとっては共感、目標を探し求めている若者には、何かを感じずにはいられないというキャラクターになっています。

ドラマのジャンルは、一言で表現すると「ラブコメ」です。

でも、それぞれの登場人物は、皆何かしらの生きがいを求めて生活している。

彼らのまじめで、一生懸命に生きている様子は、笑えるのに、ふと考えさせられそして涙できるバラエティーに富んだ姿に映ります。

圭祐とユリの二人の出会いをきっかけに、登場人物のひとりひとりが「生きがい」をみつけ、本当の自分に気づいていく物語に、どうぞご期待していてください。
posted by ハタチの恋人 at 20:41 | ハタチの恋人 あらすじ一覧

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。